HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > 長い文章を話せるようになるには、どうすればいい?

執筆 石原真弓

長い文章を話せるようになるには、どうすればいい?

長い文章を話せるようになるトレーニングを教えてください。イギリス人の友達がいるので英語を話す機会は多いのですが、いつもこちらが質問したり、覚えたフレーズを使ったりするだけで、自分の意見を長い文章で話すことがなかなかできません!
(神奈川県 ペラペラさん)

単純な文にいろいろな情報を付け加えていく練習がおすすめです。また、日ごろから自分の意見を英語でまとめる練習をするとよいでしょう

長い文で自分の意見を言えるようなりたいという気持ちが生ずるのは、英会話レベルがワンステップ上がり、英語を話す余裕が出てきた証拠です。素晴らしいですね。
 長い文を話すトレーニングとして、単純な文にいろいろな情報を付け加えていく練習をおすすめします。例えば、好きな場所を聞かれたとき、I like Kyoto.(京都が好きです)で文を止めるのではなく、I visit there a few times a year. I like visiting there especially in spring because the harmony of the old buildings and the cherry blossom is gorgeous.(年に数回京都を訪れます。特に春に訪れるのが好きです。なぜなら、古い建物と桜の花の調和がとても美しいからです)のように、京都に関する意見や情報を付け加えていきます。付け加える情報がなくなったら、Have you ever been there?(そこへ行ったことがありますか)と相手に質問して切り替えるのも手ですね。“長い文”は、1文が長いという意味ではなく、意見を長く言うと考えましょう。文を付け加えていく上で、because(なぜなら)やafter that(その後)、for example(例えば)など、接続的に使う語句をできるだけたくさん覚えておくといいですね。
 また、自分の意見をまとめる練習も有用です。そもそも自分の意見がまとまっていなければ、それを英語で話すこともできません。よって、ニュースや身近なできごとについて自分の意見をまとめ、それを英文にしてみるとよいでしょう。ネイティブの会話やインタビューなどを参考にすると、意見のまとめ方のコツがつかめてきますよ。
 ネイティブスピーカーは容赦ないスピードで話すことが多いもの。イギリス人のご友人との会話で長い文が言えないと感じる理由に、話す間がないことが挙げられるなら、Let’s see,(ええと)やHow can I put it?(どう言ったらいいかな?)などの言葉を盛り込んで今考え中であることをアピールするのも手。Can you speak a little slowly?(少しゆっくり話してくれますか?)やCan you speak in plain English?(簡単な英語で話してくれますか?)と頼むのも悪いことではありませんよ。

前回の質問は……

現在形と過去形が混ざった文が苦手です!


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録