HOME > 英会話 > 石原真弓先生の英会話質問箱 > toが「前置詞」なのか、「不定詞」なのかの見分け方は?

執筆 石原真弓

toが「前置詞」なのか、「不定詞」なのかの見分け方は?

「~を楽しみにしている」を表すI'm looking forward to ~ing. は、つい、toの後に動詞の原形を持って来たくなります。なぜtoの後にing形が来るのか調べたら、このtoは前置詞だからとありました。前置詞のtoか不定詞のtoかは、どうやって見分ければいいですか。熟語として覚えるだけでは限界があります。
(神奈川県・mokomokoさん)

前置詞のtoか不定詞のto かは、直後に続く語で確認しましょう

toの後に続く動詞は原形になることが多いため、look forward to(~を楽しみにする)にing形の動詞が続くことを疑問に思う人もいるでしょう。mokomokoさんがお調べになったとおり、このtoは不定詞のtoではなく、前置詞です。つまり、直後に名詞(句)が来ます。動詞をもとにして「~すること」という意味の名詞を作るには、動詞をing形にすればOK。これを動名詞と言います。例えば、「イタリアへ行くのが楽しみです」は、I'm looking forward to going to Italy. と表現します。 toが前置詞なのか不定詞なのかは、直後に続く語を見れば分かります。名詞や動名詞が続けば前置詞で、「~へ」「~を」「~に」といった意味です。I went to Taiwan last month.(先月台湾へ行った)やI'm used to living by myself.(1人で住むことに慣れている→1人暮らしに慣れている)などのtoが前置詞です。
一方、動詞の原形が続く場合は不定詞で、「~するために」「~するための」といった理由や目的などを表します。「~すること」という意味もあり、この場合、動詞のing形と入れ替え可能なこともあります。I bought some wood to make a bookshelf.(本棚を作るために木材を買った)やI want something to drink.(飲むための何かが欲しい→飲み物が欲しい)などのtoは不定詞です。
このように、後に続く語句でtoが前置詞なのか不定詞なのかを見分けることもできますが、look forward to ~ や be used to ~(~に慣れている)などの熟語は、辞書を引くと「~は名詞、または動名詞」などと書いてあるので、このtoは前置詞だと分かります。There's no royal road to learning.(学問に王道なし)、頑張って1つ1つ覚えていきましょう。

前回の質問は……

diedとdeadの違いがよく分かりかりません!


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録