HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2007)』

執筆 まつだあいこ
『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2007)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

源氏と平家による、壇ノ浦の戦いから数百年後。一人の凄腕ガンマンが、ある小さな村に流れ着いた。しかしそこでは、この村に眠るという秘宝をめぐり、源義経が率いる白の源氏ギャングと、平清盛の率いる赤の平家ギャングが激しく対立していた。両ギャングは、このガンマンを味方につけようとするが……。

『スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ(2007)』
配給元: ジェネオン エンタテインメント

Finders keepers.
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Kiyomori: Finders keepers.
清盛:見つけた人がもらう人。


解説


こっそり持ち逃げしようとする保安官を見つけた、清盛のセリフから。発見者に所有権があると主張するときに使う定番口語表現。文法的には Finders are keepers. が正しいが、be動詞はしばしば省略される。また、このフレーズには、 losers weepers (なくした人が泣きを見る)という続きがあるが、省かれることが多い。リズミカルに発音するのがポイントで、子どもっぽい表現だが、大人も好んで使う。この表現は『CSI:4 科学捜査班』(03-04) 第16話などにも登場。『フレンズ』(94-04)ファースト・シーズン第4話では、“Finders keepers, losers weepers.”を聞くことができる。『ER 緊急救命室』(94-09)では、エピソードタイトルに使われている。


こんなふうに使ってみよう


Rachel(age 8): Finders keepers and I found it. Bruce(age 8): In my garden. (8歳のレイチェル:見つけた。見つけたんだから私のものよ。 8歳のブルース:僕んちの庭だよ)
『バットマン・ビギンズ』(05)より


あいこのつぶやき


泣かせるベタな展開と、ベタなギャグが盛りだくさんのポップな和風西部劇、それが本作です。オープニングシーンには、学校の授業で暗記した人も多いであろう、平家の繁栄と没落を描いた日本古典文学『平家物語』の冒頭部分が暗唱されます。本作は英語劇ですので英訳されたものですが、原文にも通ずるリズムの良さに感心します。そして、この物語に思いをはせつつ聴く、サブちゃんこと北島三郎が歌うエンディング曲「ジャンゴ~さすらい~」は、最高に染みます。


I've heard so much about you.

愛と追憶の日々(1983)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録