HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『プライベート・プラクティス:LA診療所(2007-)』

執筆 まつだあいこ
『プライベート・プラクティス:LA診療所(2007-)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

人気ドラマ『グレイズ・アナトミー』のスピンオフ。大病院で活躍していた優秀な新生児外科医・産婦人科医が、夫との離婚と昇進レースでの敗退を経て心機一転。それまでのキャリアを捨て、メディカルスクール時代からの親友がいる、ロサンゼルスの小さな共同診療所で、開業医としての新たな人生をスタートさせる。シーズン1第2話より。

『プライベート・プラクティス:LA診療所
シーズン1 DVD COMPLETE BOX』

販売元: ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント

learn one's lesson
フレーズ活用度:★★★★

セリフ抜粋


Dave's mother: Dave's learned his lesson.
デイブの母:デイブも懲りてますよ


解説


主人公アディソンが加わった診療所の患者で、アルコール依存症を克服しきれないデイブの体に異変が起きる。フレーズは、彼の体調不良の原因が分かったあとの、デイブの母親のセリフから。 lessonには、「授業」「練習」のほかに「教訓」「知恵」「教え」などの意味があり、 learn one's lesson や learn a lesson で、「教訓を得る」「(体験から)学ぶ」といった意味になる。 teach (または give ) a person a lesson だと「~に思い知らせる」「~に教訓を与える」で、劇中にはこちらを使ったセリフもある。ほかにこのフレーズが登場する作品は、『ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝』(08)、『ショーシャンクの空に』(94)、『エデンより彼方に』(02)など。


こんなふうに使ってみよう


Danny: But what's really important here is that we all learned a good lesson.(ダニー:でも何より大事なのは、これがみんなにとっていい教訓になったことだよ)
『フルハウス』(87-95)シーズン2 第14話より


あいこのつぶやき


グレアナ”の人気キャストの一人、アディソンの新たな舞台は、生殖医療、小児科、内科、精神科、代替医療の専門医たちで構成された地域医療センター。ここで彼女が患者と向き合う姿は、筆者の好きな2つのドラマに通じます。都会で育った女医が田舎で奮闘する『ドクター・クイン 大西部の女医物語』(93-98)と、故郷でボウリング場にオフィスを置く元エリート弁護士を描く『エド~人生のスプリット』(00-04)。どれも、 地域での private practice (医師や弁護士の個人開業)がキーワードです。


stand up 人

チップス先生さようなら(1969)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録