HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『Re:Genesis リ・ジェネシス(2004-2008)』

執筆 まつだあいこ
『Re:Genesis リ・ジェネシス(2004-2008)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

カナダのトロントにある生化学調査機関「NorBAC」(= North American Biotechnology Advisory Commission、北アメリカバイオテクノロジー諮問委員会、通称「ノーバック」)を舞台に、主任科学者デビッドらのチームが、細菌テロ、クローン、遺伝子組み換えといったバイオテクノロジーにまつわる事件に立ち向かう。

Re:Genesis リ・ジェネシス [DVD BOX]
販売元:ポニーキャニオン
It's a long story.
フレーズ活用度:★★★★

セリフ抜粋


David: It's a long story.
デビッド:話せば長い。


解説


シーズン1 第1話から。人に感染しないはずのラクダ天然痘に酷似したウイルスによる死者が続出。デビッドたちは感染者の隔離と感染経路の特定、ウィルスの分析を急ぐ。フレーズは、ある病原体サンプルの手配が可能になったと言うデビッドが、入手の経緯を尋ねた研究チームのメンバーに答えたセリフから。このフレーズは、「いろいろあって」「一言では言えない」と、複雑な背景、経緯の説明を省きたいときに決まって使われる表現で、「知らない方がいい」という意味合いを含むこともある。この表現がセリフに使われている作品は他に、『フィールド・オブ・ドリームス』(89)、『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART 3』(90)、『リーサル・ウェポン3』(92)、『あの頃ペニー・レインと』(00)など。なお、 long story を使った表現として long story short(早い話が)も併せて覚えておきたい。


こんなふうに使ってみよう


Bill: Why would you do a thing like that?
Jake: It's a long story.
ビル:なんでそんなことを?
ジェイク:話せば長くなるんだけど。
『理想の恋人.com』(05)より


あいこのつぶやき


「シーケンス」だの「遺伝子マーカー」だの、生命科学専門用語がどんどん出てくるため、難しく感じてしまう視聴者も多いと聞いていた本作ですが、筆者はたまたま病理関連の研究機関でのアルバイト経験があったためか、第1話から続出する専門用語にもめげず、物語に親しめた気がします。そういえば、逆にそのバイトを始めたころは、それまで医療の世界とは無縁の生活だったので不安でしたが、『ER』や「CSI」シリーズをよく見ていたおかげで、いつの間にか覚えた幾つかの医療や実験器具の用語などが、現場で飛び交う会話に慣れ、緊張をほぐすのに役立ちました。


gonna be okay

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録