HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿(2009- )』

執筆 まつだあいこ
『キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿(2009- )』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

ニューヨークの売れっ子ミステリー作家と敏腕女性刑事がタッグを組んで難事件に挑む姿を描く。人気作家キャッスルの著作を模した殺人事件が発生し、ニューヨーク市警のベケットが彼に協力を要請したのをきっかけに、事件解決後もキャッスルはちゃっかり市警の相談役に着任。軽いノリながらも抜群の推理力で事件を解決に導く。

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 シーズン1 COMPLETE BOX [DVD]
販売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
Hey. Hey, yourself.
フレーズ活用度:★★★

セリフ抜粋


Bekett: Hey.
Sorenson: Hey, yourself.
ベケット:どうも。
ソレンソン:やあ。


解説


シーズン1 第9話より。女児誘拐事件が発生し、NY市警殺人課のベケットはFBIの要請で捜査に加わった。フレーズは、元恋仲だったベケットとFBI捜査官ソレンソンの会話から。Hey, yourself. は、Hey. というあいさつへ返すときに使われる表現。Hey to you too. と同意で「どうも」「やあ」といったニュアンスがある。類似表現としては Hi, yourself. があり、こちらは Hi. というあいさつへの返事に用いることがほとんどなので、セットで覚えておくとよい。ただし、これらはごく親しい間柄で使われるカジュアルな表現であることを忘れずに。Hey, yourself. は、『アラバマ物語』(62)、『プリティ・リーグ』(92)、『マジェスティック』(01)、『ノーカントリー』(07)、Hi, yourself. は『JAG 犯罪捜査官ネイビーファイル』(95-05)シーズン7 第1話、『エクスプロラーズ』(85)などに登場している。


こんなふうに使ってみよう


Max: Hey.
Logan: Hey, yourself.
マックス:ねえ。
ローガン:やあ。
『ダークエンジェル』(00-02)シーズン1 第7話より


あいこのつぶやき


本作は『THE MENTALIST / メンタリストの捜査ファイル』(08- )や『ホワイトカラー "知的"犯罪ファイル』(09- )のように警察の相談役(コンサルタント)が主人公で、『BONES ─骨は語る─』(05- )のブレナンとブースや『NCIS:LA~極秘潜入捜査官』(09- )のケンジーとディークスのように男女の相棒の微妙な関係を楽しめます。本作内で主人公が執筆したシリーズ小説が実際に出版され、ベストセラーとなった点も気になります。ところで、本作吹替版では、似たドラマとしてよく引き合いに出される『BONES─骨は語る─』のヒロインと同じ声優さんがヒロインを演じているのですが、両方連続して見ることが多い筆者はどうしてもなじめないでいます。


Hear me out.

長ぐつをはいたネコ(2011)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録