HOME > 英会話 > 映画フレーズつまみぐい > 『ウェディング・シンガー(1998)』

執筆 まつだあいこ
『ウェディング・シンガー(1998)』
英会話に生かせる! 映画フレーズつまみぐい
 

結婚披露宴の盛り立て役、ウェディング・シンガーとして生活するロビーと、給仕スタッフのジュリア。お互いに結婚を間近に控えた2人だったが、ロビーは花嫁リンダに逃げられ自暴自棄に。落ち込むロビーを心配したジュリアは、友人として自分の結婚準備の手伝いを頼む。しかし、彼女は婚約者との愛に疑問を感じており……。

ウェディング・シンガー
販売元:東宝ビデオ
No Way.
フレーズ活用度:★★★★★

セリフ抜粋


Robbie: She comes over to tell me how she feels, and Linda answers the door wearing nothing but my Van Halen T-shirt.
All: No way!

ロビー:彼女が気持ちを打ち明けようと訪ねてきたのに、リンダが僕のヴァン・ヘイレンのTシャツ姿で戸口に出ちゃったんだ
全員:そんな!


解説


互いに引かれあっていることを悟ったロビーは、ジュリアへの愛をあきらめきれず、婚約者との挙式を阻むべく彼女を飛行機で追いかけることに。たまたま乗り合わせたファーストクラスの乗客は、ロビーが語るジュリアとのすれ違いのエピソードに耳を傾ける。この No wayは「まさか」「そんなバカな」「信じられない」といった驚きを表す定番のカジュアルな口語フレーズ。なお、No way! の「ウソだ!」に対し、「ホントだよ!」の意味で Way!、またはリズムが似た Way, way! 、文法的には間違っているが対照的な雰囲気の Yes, way! が使われる。要求などに対してなら、「イヤだ」「ダメだ」「ムリだ」「とんでもない」といった強い否定の意味で使うことができる。There's no way out. なら、他に解決策や出口がないこと。


こんなふうに使ってみよう


Wayne: No way!  Garth: Way!
(ウェイン:ナシナシ! ガース:大アリ!)
『ウェインズ・ワールド』(92)より


あいこのつぶやき


当時のヒットソングや流行アイテムの利用といった演出はもちろん、人気刑事ドラマ『マイアミ・バイス』にかぶれるジュリアの婚約者、マドンナやマイケル・ジャクソンをイメージさせるファッションに身を包む主人公の友人たちといったユニークなキャラクター設定で、80年代ど真ん中の雰囲気を楽しませてくれる本作。06年にはブロードウェイでミュージカルとなり、好評を得ました。


Okey-dokey.

シンデレラマン(2005)

>このほかのフレーズをつまんでみる

  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録