HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの音(音声) > 「は」を"wa"と読んだり「へ」を"e" と読んだりするのはなぜ?

ことばの音(音声)

分類:助詞の発音

「は」を"wa"と読んだり「へ」を"e" と読んだりするのはなぜ?
 ひらがなは原則として、発音される音になるべく近いものを表記するようになっています。そうすると「わ」と「え」があるのに「は」と「へ」を用いるのは確かにかなりイレギュラーな表記ということになります。

 しかし、歴史的な仮名遣いに着目してみると、「わたしは」や「東京へ」以外の場合でも 'wa' の音に「は」を割り当てたり 'e' に「へ」を割り当てる例はたくさん見られます。例えば「回る」は「まはる」と書き、「この前」は「このまへ」と書きます。

 現代語からすると発音とかけ離れた表記にも見えますが、そもそも仮名が誕生した時期に「まはる」は 'mawaru' と発音されてはいませんでした(例えば「は」と表記される音は 'pa' 、後には 'fa' と発音されていたと考えられています)。つまり、当時にしてみれば「まはる」の方がより実際の発音に忠実であったわけです。

 ではなぜ仮名表記が改められたときに「わたしは」や「東京へ」だけは古い仮名遣いのままだったのでしょうか。

 これはこれらの「は」や「へ」が助詞であるため、他と区別して読みやすくするという狙いから、古い仮名遣いのままの表記として残されているようです。「を」を「お」と書かないのも同様の理由です。なお、点字では「目で見た時の読みやすさ」ということと関係がないので実際の発音に従い「わたしわ」、「東京え」などのように表記することになっています。



ことばの音(音声) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ