HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「~ところ」と「~ばかり」はどう違う?

ことばの仕組み(文法)

分類:名詞(ところ)

「~ところ」と「~ばかり」はどう違う?
 「~ところ」と「~ばかり」の相違に関して、まず「~ところ」は形式名詞であり、その意味の一部が「~ばかり」と対応しているということを確認しておきましょう。

  (弁当をこれから)作るところです。
  (弁当を今)作っているところです。
  (弁当を)作ったところです。

 「~ところ」は上述のように、一つの動作の前、最中、後のいずれをも捉えることが可能です。これは、「ところ」という名詞が、もともとは「場所・場面」という意味を持ち、それが形式名詞として用いられるときにも残っているからでしょう。すなわち、形式名詞の「ところ」は、「場所」という意味がメタファーとして「時間」の把握に対して用いられたものであると考えられます。

 連体修飾において「できたばかりの弁当」と言えるにもかかわらず「できたところの弁当」と言えないのも、このことと関わりをもつと思われます。「~ところ」は、動作の前、最中、後のどの場面を取り上げているかを主眼とする表現ですので、連体修飾には不向きな表現だとは考えられないでしょうか。このことは以下の例文にも反映されています。

  弁当ができたところです。
  弁当ができたばかりです。

 二つの文を比較した場合に、後者はむしろ「弁当はできたばかりです」と、「ガ」ではなく「ハ」を用いるほうが自然ではないでしょうか。すなわち、「~ばかり」の文においては、「ハ」を用いて「弁当について述べると……」のように「弁当」を主題としてそれについて叙述することがより自然であると思われます。「~ところ」を用いた文は、いわゆる「現象文」といわれるもので、出来事をまるごと提示する文です。このことも、「ところ」の本来の意味に拠るものだと言えます。

 以上のことから、「~ところ」を用いた文では動作のほうに視点が置かれているのに対して、「~ばかり」を用いた文では動作に伴う物(名詞)のほうに視点が置かれていると言えるかと思われます。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ