HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「どんな」「なんの」はどう違う?

ことばの仕組み(文法)

分類:疑問詞(どんな)

「どんな」「なんの」はどう違う?
 「どんな」と「なんの」は似ていますが、微妙な意味の違いがあります。

 具体的に言うと「どんな」は「どのような」と言い換えられるように具体的なものそれ自体を尋ねるというよりは、そのものに伴う様態・ありさまを尋ねる表現と言えます。一方「なんの」は「どんな」に比べ具体的なものや事柄・範疇などを個別に尋ねる表現と言えます。次の例を見てください。

  a. どんな家に住みたい?
  b. なんの家に住みたい?

 aに対しては「大きな家」、「森に囲まれた閑静な家」などが想起されますが、bに対しては「木の家」、「コンクリートの家」など範疇や種類で答えることが期待されます。

 このように「どんな」と「なんの」には意味の違いが存在しますが、「どんな意味があるの?」「なんの意味があるの?」というときはどちらを使うことも可能です。これらの特徴は「家」のように具体的なものではなく「意味」(あるいは「目的」「意図」)のような抽象的なことがらを表す名詞に「どんな/なんの」がついているという点にあります。「意味」というのは実体のないものであり、具体的な範疇・個体として把握できる一方で様態やことがらとして捉えられることもあります。たとえば魚の「ブリ(鰤)」の意味について説明するとしたら次のようなものが例として考えられます。

  c. ブリとはスズキ目の海魚のことである。
  d. ブリは青みがかった銀色で黄色い線の入った魚である。

 前者は「ブリがなんであるか」を説明しており、後者は「ブリがどんなであるか」を説明しています。このように「意味」という言葉は多面性を持っているため「どんな」でも「なんの」でも尋ねることが可能であると考えられます。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ