ことばの意味(語彙・意味・語源)

分類:単語の意味(隣)

「隣」「横」「側」はどう違う?
 これらの違いについて考えるには、これらに対立する「隣でない」「横でない」「側でない」とは何かということについてそれぞれ考えるとわかりやすいかもしれません。

 まず「隣でない」とは、「二つの個体の間に何かが存在する」ということになります。すなわち「隣」というのは個体を数え上げていくときに、二つの個体の間に何も存在しないような関係にあるということです。その際個体同士の位置や距離は問題になりません。たとえば日本と韓国は海を隔てて離れてはいますが、その間に国は存在しないので「隣の国」と言うことができます。

 次に「横でない」は、「縦」や「斜め」などが挙げられます。「横」「縦」「斜め」はいずれも個体同士の位置関係を表す語です(これとは別にひとつの個体の姿勢を表すこともあります)。すなわち「横」は個体同士のある位置関係を表した語ということになります。「隣」とは違い、間に何かが存在するか否かは問題となりません。また距離も問題となりません。

 また「側でない」は、「遠く」ということになると考えられます。つまり「側」は個体同士の距離を中心に見た語ということになります。「隣」とは違い間に何かが存在するか否かは問題となりません。また「横」とは違い、位置関係も問題となりません。

 「隣」「横」「側」には以上に見たような点において本質的な違いが存在すると考えられます。



ことばの意味(語彙・意味・語源) トップへ



日本語Q&A トップへ




JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ