HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの書き方(文字表記) > 果物の名前は、平仮名とカタカナのどちらを使いますか?(漢字は除く)

ことばの書き方(文字表記)

分類:仮名遣い

果物の名前は、平仮名とカタカナのどちらを使いますか?(漢字は除く)
 まず、果物の名前を片仮名表記することの妥当性について考えてみましょう。片仮名表記にかかわるものとして、一般の社会生活において現代の国語を書き表すための指標である「外来語の表記」(平成3年6月28日 内閣告示)があります。これは外来語の表記における拠り所を示すものとなっています。ところが、一般の社会生活においては、外来語に限らずもう少し幅広い範囲で片仮名表記が用いられています。漢字の音読みの表記(海〔カイ・うみ〕)や学術名称の表記(バラ科サクラ属)などがこれにあたります。また、新聞・雑誌などでは、常用漢字で書けない語(バイ菌)などにも片仮名表記が用いられます。

 果物の名前を見てみますと、外来語ではないもの(「リンゴ」「ミカン」「ブドウ」など)にも片仮名表記が見られます。果物の名前に用いられている漢字の多くは、常用漢字から外れる表外漢字(「林檎」の「檎」、「蜜柑」、「葡萄」)であり、上述常用漢字で書けない語に該当します。

 漢字表記を用いない場合、平仮名表記も可能ではありますが、助詞・助動詞など文法的語彙が平仮名で表記されますから、名詞を平仮名表記にした場合、語と語の境界がわかりにくいという問題が生じます。

 以上のような理由から、果物の名前の表記としては、片仮名表記が多く用いられるのではないでしょうか。とはいえ、これは公的な指標・慣習など複合的な要因によるもので、漢字表記、平仮名表記が間違っているということではありません。



ことばの書き方(文字表記) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ