HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「同じ」はナ形容詞(形容動詞)? 連体詞?

ことばの仕組み(文法)

分類:ナ形容詞(同じ)

「同じ」はナ形容詞(形容動詞)? 連体詞?
 「同じ」は「同じだ」ということができますので、ナ形容詞(形容動詞)であるということができます。しかし、一般のナ形容詞、例えば「きれいだ」が「きれいだろ(う)/きれいだっ(た)/きれいだ/きれいな/きれいな(ら)」のように活用するのに対して、「同じだ」は名詞に続く連体形が「同じな」とならず「同じ」となる点でこれと異なっています。

 連体詞は、もっぱら連体修飾の機能を果たす語をいうもので、「ある、いわゆる、ろくな、たいした」など、活用がなく連体修飾専用で用いられるものがこれにあたります。また、イ形容詞(形容詞)の連体形と共通する語幹を持つもの((「小さい」に対する)「小さな」、(「大きい」に対する)「大きな」、(「おかしい」に対する)「おかしな」)もここに分類されます。

 「同じだ」を、連体形が特殊なナ形容詞と考えることも可能ですし、連体形を持たないナ形容詞であると考えることも可能です。後者の場合、名詞を修飾する「同じ」は、ナ形容詞「同じだ」の連体形ではなく、これとは別の語である連体詞として扱われることになります。

 また、「同じ」が「同じ休みをとるのなら、旅行にでも出掛けたい」のように用いられる場合は、「どうせ」「せっかく」といった意味が生じます。「AとBは同じだ」における「同じだ」には、このような意味はありません。したがって、「同じ休みをとるのなら、旅行にでも出掛けたい」は、ナ形容詞「同じだ」とは異なる語であると考えることが妥当です。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ




JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ