HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > 「暑かったり寒かったりです」と「暑かったり寒かったりします」はどう違う?

ことばの仕組み(文法)

分類:助動詞(です)

「暑かったり寒かったりです」と「暑かったり寒かったりします」はどう違う?
 「暑かったり寒かったりします」は前半部分と後半部分を独立させて言うこともできますが、「暑かったり寒かったりです」は独立させることはできません。

 ○山の上は夏でも寒かったりします
 ×山の上は夏でも寒かったりです

 「~たりする」は複数の事柄の一部を例示する働きがあると考えられます。ここで例示される事柄はひとつでも複数でもかまいません。

 休日はテレビを見たりしています。
 休日はテレビを見たり買い物をしたり部屋の掃除をしたりしています。

 「暑かったり寒かったり だ/です」の「だ/です」はあるひとまとまりの内容を提示・主張する働きをしていると考えられます。「だ/です」より前の部分は全体でひとまとまりですから、分割して言うことはできません。

 ○まさに「願ったり叶ったり」だ。
 ×まさに「叶ったり」だ。

 またこの種の「だ/です」は会話の中で自明の内容が省略されているという考え方もあります。この場合「最近暑かったり寒かったりです」は「最近暑かったり寒かったり、という天気が続いています」というような解釈となります。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ