HOME > 日本語・日本語教師 > 日本語Q&A > ことばの仕組み(文法) > わからない言葉を聞くとき「『タイクツ』は何?」と聞けないのはなぜ?

ことばの仕組み(文法)

分類:助詞(は)

わからない言葉を聞くとき「『タイクツ』は何?」と聞けないのはなぜ?
 わからない言葉を聞くときは「とは」「というのは」「って」などを伴って「『タイクツ』とは何ですか」のようにいいます。このような場合「~とは」などの表現は、その言葉自体の意味や内容を話し手が十分に理解していないことを示すはたらきをしています。

 「これは何?」と言った場合は、「これ」という言葉自体の意味を聞いているわけではないので「とは」などは付けられません。

 また、人に何か言葉を説明する時も「とは」などが使われることがあります。

 例:「提げ目」とは、よった絹糸の太さを示すのに用いる単位のことです。

 この場合、実際には話し手が「提げ目」に関する知識を持っているわけですが、話し手がその言葉を知らない聞き手の立場に立って「提げ目」という言葉をいったん取り上げてから、そこに説明を与えていると考えられます。



ことばの仕組み(文法) トップへ



日本語Q&A トップへ






JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ