ことばの意味(語彙・意味・語源)

分類:語源(一か八か)

「一か八か」の語源は何?
 「一か八か」は、「結果がわからぬまま運を天に任せて勝負を試みること」という意味の慣用句です。「一」と「八」がなんであるのかについては、いくつか説があるようですが、いずれもカルタ賭博から発生した言葉であるとしています。

 一つは、賭博における「丁か半か」の「丁」「半」という字のそれぞれ上部をとったものであるという説です。

 また一つは、「一か罰か」、すなわち「賽の目で一が出るかしくじるか」によるものであるとするものです。

 一見、前者の説が有力のようにも思われますが、この表現を用いた過去の用例として、「一かばちか」と「ばち」のみを平仮名表記したものが見られます。「ばち」が「八」であるとの認識があれば、わざわざ平仮名表記が選ばれることに疑問が生じますし、また「八」の語頭が濁音化していることにも疑問が残ります。

 語源の特定にはなかなか難しいものがあり、ここでもこれというものを提示しかねますが、以上の点を考えあわせると、もともと「丁か半か」の意味で用いられていた「一か八か」が、「八」と「罰」との語呂合わせの末、「八」の語頭が濁音化したという推論も成り立のではないでしょうか。



ことばの意味(語彙・意味・語源) トップへ



日本語Q&A トップへ




JSST

日本語会話力テスト

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ