Presented by 「日本語教師☆ナビ
執筆 岡田英夫


評価法


「評価法」に関する次の問1~3に答えよ。
※正解だと思う選択肢をチェックして判定ボタンを押してください。
【問1】 特定のコースの授業で、目標とされる学習項目のうち学習者がどれだけ学んだかを測るテストは?
a) 熟達度テスト 判定
b) 到達度テスト
c) 能力テスト
d) プロフィシェンシー・テスト

【問2】 客観テストは、再認形式と再生形式に分類される。再生形式に属するのは?
a) 完成問題 判定
b) 組み合わせ問題
c) 正誤問題
d) 多肢選択問題

【問3】 テストを改良するために、テストの各項目が、意図通りの測定結果を引き出しているかどうか検討するのが項目分析。項目分析で検討の対象と【ならないもの】は?
a) 項目困難度 判定
b) 項目識別力
c) 錯乱肢有効度
d) 散布度
 
解説
<<< 前の問題へ 次の問題へ >>>


必修! 日本語教育能力検定試験「基礎項目」対策講座 トップへ  


  • アルコムワールドで日記を書く

JSST

アルクオンライン日本語スクール

メルマガ登録

アルク日本語教育公式Facebookページ