HOME > JSST > Level 2

Level 2

level2

レベルイメージ

質問に対しての答えはかろうじて話すことができますが、話を持続させたり、自分から会話を始めたりすることはほとんどありません。

テキストタイプ

不完全なセンテンスや簡単なセンテンス、単語の羅列や短いフレーズなどで話します。全体的にセンテンスの割合は低く、また、正しいセンテンスもほとんどありません。の名前は○○です。」などの暗記したものは、センテンスとはみなされません。

文法

センテンスを使って答えようとしても語順が正しくなかったり、主語や動詞が抜けてしまったりと、間違いが目立ちます。暗記している文や正しく使えるかもしれませんが、自分で文を組み立てると、正しいセンテンスはほとんどありません。

発音・流暢さ

発音には母語の影響が強く、外国人の日本語に慣れている日本人でも理解が難しい場合があります。発話に自信がないためはっきりしない話し方になることも多いでしょう。

待遇表現

基本的に語彙・フレーズで話し、センテンスはほとんどないので、「です・ます」の形で話せることはほとんどないでしょう。

  • アルコムワールドで日記を書く