HOME > 英会話 > 英語で話そう! イマドキの日本 > 水素経済の幕開けとなるか

執筆 春日聡子

水素経済の幕開けとなるか

The dawn of the hydrogen economy

2014年12月15日、トヨタ自動車が、世界初の量産燃料電池自動車「MIRAI(ミライ)」を発売しました。それから1カ月、予約台数が当初の目標だった、2015年末までに700台という数を大幅に上回る約1500台に達したため、増産が決定したという発表がありました。水素をエネルギー源とする燃料電池車の発売は、今後主たるエネルギーが化石燃料から水素へと移行する、「水素経済」の幕開けとなるのでしょうか。

※下のボタンを押すとこの文章の英訳が読めます。

英文はこちら

On December 15, 2014, automaker Toyota launched Mirai (Japanese for "future"), the first fuel cell vehicle (FCV) in the world to go on the market for mass consumption. A month later, Toyota announced that it would increase production, as the orders had reached 1,500 units, well above the initial target of 700 units by the end of 2015. The launch of this FCV, which uses hydrogen as its energy source, could possibly be marking the dawn of a "hydrogen economy" in which fossil fuels are replaced by hydrogen as the primary source of energy.

Q1

What are fuel cell vehicles?

Fuel cell vehicles are vehicles with fuel cell stacks, which convert hydrogen gas and oxygen into electricity through an electrochemical reaction to power the motor that makes the car run. Hydrogen-powered cars emit only water vapor and heat, which means they could contribute greatly to lowering the emissions of carbon dioxide and other pollutants. Unlike electric cars, which take a long time to charge, hydrogen tanks can be filled in a few minutes, just like conventional gasoline tanks.

Q2

How is hydrogen made?

Hydrogen is the most abundant element in the universe, but it does not naturally exist on the earth, so it must be produced. Today, most hydrogen is made from fossil fuels, generating carbon dioxide in the process. Even so, making hydrogen is said to produce far fewer emissions than burning fossil fuels. If hydrogen is produced using an alternative energy source, such as solar or wind power, it could be an even-cleaner energy. Further, hydrogen is relatively easy to store and to transport, which is another advantage over electricity. These are the reasons why hydrogen is now considered to be the fuel of the future.

Q3

What is the future of hydrogen-powered cars?

The most pressing issue would be building the infrastructure to support hydrogen fueling. Government agencies in such countries as Germany and the U.S. are already taking initiatives to promote investment in refueling stations. In Japan, so-called hydrogen highways – a network of hydrogen filling stations placed along roadsides – are already being built. Companies such as Toyota and Honda are providing loans for hydrogen stations to be built. In order to promote FCVs further, Toyota has stated that it would share its 5,678 patents related to its FCV for free. While FCVs remain relatively expensive, with the imminent threat of climate change and energy crisis upon us, there is no doubt that the hydrogen economy is the road to travel.

日本語訳

Q1:燃料電池車って何?

A1:燃料電池車とは、搭載した燃料電池で、水素と酸素の化学反応によって発電した電気エネルギーを使い、モーターを回転させて走る車です。水素を燃料とする車は、水蒸気と熱しか排出しないので、二酸化炭素をはじめ、その他の汚染物質の排出を抑えるのに、大変有効です。充電に長時間を要する電気自動車と違って、水素タンクは従来のガソリンタンク同様、数分で充填することができます。

Q2:水素はどうやって作り出されるの?

A2:水素は宇宙で最も豊富に存在する元素ですが、そのままの形で地球上に存在していないので、生産されなくてはいけません。現在主流となっているのは、化石燃料から取り出す方法で、その製造過程において二酸化炭素が排出されています。それでも、化石燃料を燃やすのに比べれば、水素の製造によって生じる排出量は、かなり抑えられると言われています。今後太陽光や風力発電などの代替エネルギー源によって水素が作られるようになれば、さらにクリーンなエネルギーとなります。さらに、水素は比較的貯蔵や輸送が容易であり、それもまた電気に勝る点です。これらの理由から、水素は今や、希望のエネルギーと考えられています。

Q3:水素を燃料とする車の展望は?

A3:一番の問題は、水素ステーションの設置をはじめとする、インフラ整備です。ドイツやアメリカといった国では、すでに政府機関が燃料補給所への投資を推進するべく、対策をとっています。日本では、道路沿いに水素ステーションを配置した、いわゆる水素ハイウェイ建設が始まっています。トヨタやホンダなどの企業も、水素ステーション建設のため、ローンを提供しています。トヨタ自動車は、FCV市場を活性化するために、5678もの燃料電池関連の特許を、開放すると発表しています。燃料電池車は、まだ比較的値段が高いと言われていますが、気候変動やエネルギー危機の差し迫った脅威がある中、水素経済こそが進むべき道なのは、間違いないでしょう。

英語で話そう! イマドキの日本 トップへ


  • アルコムワールドで日記を書く

メルマガ登録