読み物

洋書ラビリンスへようこそ 巨匠の珠玉の作品も未来の古典も!

翻訳家・随筆家、宮脇孝雄氏による「"ようこそ"文学案内シリーズ」第3弾! その練達の訳文と博識ぶりで、業界内でもとみにリスペクトされている翻訳家・随筆家、宮脇孝雄氏による「"ようこそ”文学案内シリーズ」第3弾。第2弾の『洋書天国へようこそ』では主…

国外逃亡塾 普通の努力と少しばかりの勇気でチートモードな「自由」を手に入れる

新型コロナ禍に揺れる日本人が、 それでも現実的に希望と活路を見出すために必要な勇気と知識を詰め込んだ冒険指南書! 「自分が若いときに知りたかった」 「我が子こそは、自由に生きてほしいので家族で国外逃亡を決意しました」 「特別に才能があるとか経…

ぼくは翻訳についてこう考えています -柴田元幸の意見100-

翻訳家・柴田元幸のとっておきの百の言葉を集めた語録集 近現代の英米文学を独自の視点で選び抜いて翻訳し、日本の読書界を動かしている翻訳家・柴田元幸が、翻訳に対する考え方や自身の翻訳手法について述べたとっておきの100の言葉(と、なぜか本人のボケ…

洋書天国へようこそ 深読みモダンクラシックス

名翻訳家による英米文学マスターピースの読み方指南で本物の教養を身につける! 名作は原書で読んでも翻訳書で読んでも面白い! 長年にわたって膨大な洋書に親しんできた翻訳家・宮脇孝雄氏と共に深読み、横滑り読み(同時代のいろいろな異なる国の作家を続…

世界最強の囲碁棋士、チョ薫鉉(チョ・フンヒョン)の考え方

「最高の一手」を打つために、私たちは何をすべきか? 世界最多勝(1946勝)・最多優勝(160勝)の囲碁棋士、曺薫鉉(チョ・フンヒョン)は、どのようにして囲碁、そして人生の戦いに勝ち切ってきたのか? 本書は、日中韓のそうそうたる棋士たちとの戦いから…

アーサーの言の葉食堂

完璧バイリンガルのアメリカ人詩人による「滋養」あふれるエッセイ アルク会報誌の大人気連載「日々のとなり」が待望の単行本化。日本在住のアメリカ人詩人アーサー・ビナード氏が、日本やアメリカや世界のさまざまな場所で出合った言葉の向こうにある世界を…

不思議の国のグプタ―飛行機は、今日も遅れる

十中八九、世界初のTOEIC小説 ある日、主人公グプタは、不思議な違和感をおぼえた。図書館は、いつも閉まっている。アルコールとタバコが、存在しない。 飛行機は、いつも遅れる。...etc.「なにかが、おかしい……この世界は、どうも変だ」 グプタは単身、その…

会社力

チャート式 徹底検証!持続する企業へのガバナンス 語学のアルクと、ビジネスリーダーの育成を目指すビジネス・ブレークスルーが手を組んだコラボレーション・ビジネス書。世界で活躍できるグローバルビジネス人材の養成を目指します。 1990年代のバブル崩壊…

ナイン・インタビューズ 柴田元幸と9人の作家たち

翻訳家柴田元幸が取材した究極のインタビュー集 翻訳家柴田元幸が敬愛する現代作家たちを訪ね、「声」を訊き、そして、その声を翻訳した! ポール・オースター、リチャード・パワーズ、T・R・ピアソン、カズオ・イシグロ、そして、村上春樹を訪れインタビュ…